カウンセラーとクライアントの立場

カウンセリング

カウンセリングでは、困っている人(クライアント)がカウンセラー(助けを提供する人)に相談します。
でも、時々クライアントはカウンセラーに責められているように感じることがあります。それぞれの立場で考えてみましょう。

カウンセラーの立場

  • 助けたい気持ち: カウンセラーはクライアントの悩みを解決したいと思っています。難しい質問をすることもあるけど、それはクライアントが自分のことをよく理解できるようにするためです。
  • 勘違いされることも: カウンセラーは時に厳しいことを言うかもしれませんが、それは責めるためではなく、助けるためです。とは言え出来るだけ誤解を生まないように思いやりを持って丁寧に会話することが大切です。
  • 話し合うことが大切: カウンセラーはクライアントとの話し合いを大切にして、わかりやすく説明しようとします。

クライアントの立場

  • プレッシャーを感じる: クライアントは自分の問題を話すとき、緊張したり心配したりすることがあります。そのせいで、カウンセラーの質問が責めているように感じることも。
  • 自分の気持ちを伝える: クライアントは自分の感じていることを正直にカウンセラーに伝えることが大切です。もしカウンセラーの言葉が不快なら、それを伝えることが大事です。
  • 自分を知ること: カウンセリングは自分自身をよく知るためのものです。時には嫌な気持ちになることもありますが、それも自分を成長させるためです。

お互いを理解すること:

カウンセリングでは、カウンセラーとクライアントがお互いを理解することが大切です。
カウンセラーは助けを提供し、クライアントは自分自身についてよりよく知るための努力が必要です。
二人が話し合って、誤解を解いて、いい関係を築くことが重要です。

コメント


認証コード7297

コメントは管理者の承認後に表示されます。