4月2日は自閉症啓発デー

画像の説明
4月2日は世界自閉症啓発デーです。

2007年の国連総会において、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。

日本においても自閉症をはじめとする発達障害について広く啓発する活動を行っていて、毎年4月2日から8日を発達障害啓発週間として、シンボジウムの開催やランドマークのブルーライトアップなどの活動を行っています。

自閉症をはじめとする発達障害について知ってもらういこと、理解してもらうことは、発達障害がのある人だけでなく誰もが幸せに暮らすことができる社会の実現につながります。

自閉症の人には、会話が苦手な人が多くいます。
その人に応じたわかりやすい説明をしていただくと理解しやすくなります。
たとえば、その人が使っている言葉を使うことや、写真や絵などを使って説明する、具体的で短い表現で話すことなどです。
自閉症の人には、過敏で、人混みや大きな音、光といった刺激を苦手とする人が多くいるので、その点にも配慮していただけると安心できます。
また、「できない時」「間違っていた時」に叱って教えようとすると、混乱して余計にわからなくなることがあるので、穏やかな接し方で具体的に伝えてると、理解しやすくなり、お互いの関係もよくなります。

コメント


認証コード0785

コメントは管理者の承認後に表示されます。